読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★★★

誰かカッコ良いバンド教えてください。

 (切実)

僕は好きになった曲は1日中エンドレスで聞けるタイプで、ずっと同じ曲ばっかりリピートしちゃうんですが、皆さんどうでしょうか?

 

今日も書きたい事書いて終わります。

 

 

 

 

イメージする事って大切だなぁと思いまして。

 

パフォーマンスも

音も、両方。  

 

 

まぁ今日は音にしようかな。

 

音作りで悩んだりした事あんまりないんですけど

悩み方にもいくつかあると思います。

 

出したい音はあるけど、どういう機材でどういうセッティングをしたらいいかわからん!!

 

ってパターンか

 

そもそも良い音の定義もわからん!けど正直自分の音が良いとも思ってない!

どないしたらええんや!

 

みたいな。

そんな色んな音作りの悩みあると思います。

 

 

プロの人を見ても

様々で、めちゃめちゃ上品なツヤツヤした音作りの方もいれば

とろ〜んとした甘くてやらしい音作りの人もいますし、

歪ませた音以外使わんって感じのズンズンゴリゴリ系もいますね。

 

で、そもそも音楽に正解なんて無いから…

 

って考えに至る。と、

 

 

でもまぁ当然ですけど、しっかりバランスよく出せてたり、アンサンブルに馴染んだ音が

良いに決まってるんですよねぇ

定義とまでは言えないですけど。

 

6弦から1弦まで、例えばFコード

ジャーン!って鳴らすと

太い弦から細い弦まで6本全部鳴ります

 

6弦には6弦にしか出ない音

5弦には5弦にしか出ない音

4弦には4弦にしか出ない音 

 

みたいにそれぞれの弦にしっかり

役割がある訳ですな。

だから太さも一本一本違うし。

 

逆に1本でも鳴って無い時。

っまぁそれだけ聞いたらわかりにくいけど、

鳴ってる時と鳴って無いとき比べると全然違うんですねぇ。

 

これもまた極端ですけど

パートも同じようにその楽器にしか出ない音がもちろんある訳で、

その住み分けをスタジオとかで音作りすると思うんですよ。バンドの場合。

 

 

自分の鳴らしてる音域の居場所っていうのをしっかり見つけてあげる事がバンド単位での音作りの話合いだと思う訳です。

 

ドーン!って全員が鳴らした時に

それが出来てるか出来てないとかでは全然ちゃいます。

 

ギターも6本全部同じ太さの弦やったら

しょぼい音やぞ。

せやろ。

 

 

 

 

 

ばり腹いたい