500年後とか

1000年後の音楽史にも

生きていたいなぁ

と思います。

 

そのためには勉強を怠らないようにしなければ