-

僕にもう少し実力があれば…!

なんという努力不足。

努力したつもりで生きてたのが

どうにも腹立たしいこの頃です。

 

 

 

仕事でもプライベートでも

色んな所への移動中に

通過する小さい村的な

なんにもないし名前もわからんようなド田舎の景色が好きです。

なんか前にも似たような事書いてた気がしますが。

またこれについてはしっかり書きたいと思います。

 

 

話は変わって

自分の家の裏はすぐ山があり、

昔っからその山の頂上には何があるのかとか

その山を超えたら何があるのかとか、

ずっと考えていました。

想像の地図を描いてみたりして

この山を超えたらこんな世界があるに違い無いと、

描いた地図はかなりファンタジーな地図だった気がします。

 

開拓されてない田舎の山など

ずぅーっと果てしなく続くもので

終わりがなく全て繋がっているような感じで、どこまで続いているのかなど想像も出来ないぐらいの山岳地帯なわけです。

まったく峠道があったりするわけでも無いのです。

 

小学生の時に

友達との遊びといえば常に山か川で遊んでおり、

山で遊ぶ際にはとにかくひたすら山を登るだけの冒険でした。

 

遊びなんてそれぐらいしかなくて、

その他に何もする事がありませんでした。

 

そこで近所の山々を次々と冒険していった訳です。

山がひたすら続くと言っても

沢山の山がとにかく密集していてそれが続いているだけなので、1つ1つに頂上はあるのです。

 

 

そこでやはり裏山の冒険をする事にしました。

小学生なので遭難してしまえばもう終わりです。

てか小学生でなくても終わりですが

当時携帯電話もある訳ないし

登山装備も一切ない状態でした

 

その山に登るには

まず

近所の家の脇道から山に続くめちゃくちゃ細い獣道のような所を抜けて行くと

 

鳥居と階段が出てきて

その階段を上がるとめちゃくちゃ小さいお地蔵さんがあるのですが

 

そのお地蔵さんの横の石垣を登って山に入っていくルートが1番進みやすいルートだという事を知っていたので

まずはそこから頂上を目指す事になります。

 

とはいえ道もないのでとにかく枝をなぎ払いながら進むしかありません。

 

 

キツネもたぬきもウサギもイノシシもシカも余裕で出てくるような地域ですし、

クマなんかと会えば即死です。

フクロウはなかなかレアですね。

 

それでずっと登っていくと

明らかに頂上だと思われる場所が見えてきました。

 

不思議な感じでした。

 

 

それまで登ってきた地面は

 

落ち葉か土か

茶色くて黒っぽかったのに対し

 

見えている頂上は芝生のような所でした

しかもそこだけ日差しが差していて

木が一切生えておらず、なんとも言えない空間が見えました。

 

興奮を隠せず頂上まで駆け寄ってみれば

そこには小さい祠がありました。

伝わるかなぁ

お地蔵さんとかが入ってそうな小さい木製の家の形したやつな。

 

 

誰も整備なんかしなさそうな山の頂上にはそれだけがひっそりと

あっただけでした。

 

さらに向こう側におりていけば

もっと奥の次の山にいけるような道がみえましたが

 

子どもながらも

この先が危険だと感じたのか

その先には進みませんでした。

 

ここから

近所の山の頂上を全てコンプリートしようという遊び方になり

どんどんとんでもない事になっていく訳です。

 

 

 

つづく

 

 

 

 

不可能を可能に

不可能を可能にする

という言葉がありますが

不可能だった事が可能になるということは

最初から不可能じゃなかった訳で

それを不可能という前提で進んでたのがそもそもまずいのでは無いかと

いう話。

 

 

 

 

ところで最近寒くなってきましたね

社会の歯車のみなさん。いつもお疲れ様です。

私もその一部です。

 

生きてる間は生きてる理由を知る必要が無いのかも知れないと思って、

死んでから考えるつもりで

生きています。

死ぬ前に走馬灯が見たい。

濃いやつ。

生まれた瞬間からのやつ。

記憶にはないけど。一冊の本のような形で。

強いていうならそんな事も生きる理由の1つなのですかね。

 

 

僕が死んで、誰も損しないですが

誰も得をする事はありません。

 

悲しんでくれる人も居るかも知れないですが、喜ぶ人もいるかもしれません

 

死んでからの時限爆弾を今作ってます。

死んでからも生きた痕跡を残してやりたいのです。そんなもん皆そうです。

皆そう思ってます。

一般的な思想の筈です。

動物的本能で子孫を残すようなもんです

その時限爆弾はやはり音楽なのです。

 

 

 

昔から世間とか人生とか

どうでもよくて

自分の思い描いてたような

世界では無い事を何となく知った

瞬間から

常にその目線で死ぬまで生き抜かなくてはならない地獄が始まった訳です。

 

色んな事がくだらなさすぎてため息すら出ないぐらい

素敵な世界で

最高に濃厚な人生を送る何十億人のうちのただの1人にしか過ぎない僕が

 

真剣に悩んで苦しんでも

他の誰かからすればただの笑い話に変えれるし、死ぬ直前には思い出話です。

 

そんな事までわかっていても

今を慎重に生きなければ恐ろしくてやっておれんのです。

誰か救いの手を差し伸べてください。

 

余計な事すんな!!!

って払い除けた後にもう一度

救いの手を差し伸べて頂けるのならば

すがりついてしまうと思うのです。

 

 

 

とにかくごちゃごちゃうるさい

 

 

よく考えるとおかしい事は

よく考えるまでは当たり前であったという事

 

当たり前の基準も人それぞれ。

当たり前の基準も育った環境等で

当たり前のように違ってくる。

 

僕は一部の事以外、全ての事にほぼ興味が無いので、何か嫌な事があったり、言われたりしても大体すぐ忘れてしまう。

 

嫌な事ですら無いような出来事なんて記憶にすら残る事も無いし

嫌な奴が居たとしても

一定のテリトリーにさえ踏み込んでこなければ存在すら残らないのです

 

その2

再び家に来た集金係の人。

 

もうTVが壊れて見れない状態になってしまった事(嘘)と

そもそも払ってる人と払って無い人がいて

払って無い人のほうが周りには多かったのに、義務がどうのこうので無知な奴から強制的に絞り取るな!

という事を伝えた。

 

そしたら

家の中まで見せろというのである!

壊れたなら壊れた証拠、ほかに放送を受信出来るものがあるのかどうかを確認するらしい。

 

別に詐欺集団に騙された訳では無いけど

田舎から出てきたばかりの無知なクソガキ1人を言いくるめるなんざ

容易いもんよwwww

 

 

 

と、思われた気がしていた僕は

部屋からTVを引っ張り出してきて

思いっきり玄関に叩き付けてぶっ壊したのち、

配線類も持って来て、ニッパーで全て切断したのだ!!

「な!!!壊れてて見れない状態やろが!!!」

と、

言い放つと

 

「はい!完全に壊れてますねェ!!!!!」

 

との事。

もうそれ以降NHKとか何も無い。

 

「壊れたTV持って帰れや」

 

とも言いましたが

 

処分は流石に業務外との事でした。

 

 

 

次回!

電車内での

JK数人&俺 

VS

スズメバチ!!!!

 

 

VS NHK

専門学生時代

 

田舎から出てきて1人暮らし

都会は怖えなぁとか思いながら過ごしていました。

 

ライブの次の日

ベロベロに酔って朝帰りだったので

爆睡してました。

 

するとインターホンが鳴りました。

頭ガンガンするしフラフラするし

機嫌も悪かったのですが

なんとか玄関まで行き、ドアを開けると

どうやらNHKの集金の人。

受信料を払えとの事でした。

 

元々テレビがそんなに好きではなく、あっても無くても全然生活出来るタイプでしたが、一応テレビは持ってました。

でもテレビを付ける事すらまず無い。

てかNHKって受信料が発生するんや…

 

 

「じゃぁ見ないので受信も出来ないようにして、受信料が発生しないようにしてください。では。」

 

 

そしたらものすごく食いついてきた。

どうやらテレビがある時点で、見るとか見ないとか関係なく受信料が発生するらしく、払う事が義務付けられているようで

必ず払わないといけないというような事を言われ、

その日支払うことになった。

 

 

後日、

友人たちが

「お前、NHKなんて払わんでもええんやぞ!そんなん誰が払うねん俺も払ってへんぞ!そんな奴追い返したらよかったのに。アホやなぁ笑笑」

 

 

と、笑われた。

 

僕は激怒した。

その集金会社に即座に電話して烈火の如くぶちギレた。

 

 

友人曰く

「テレビが無いって言え」

「家の中見せろとか言う奴もいるから気をつけろ」

 

との事。

 

再度家に招いた。

 

 

「もう次から払いません!!!!」

 

 

続く

僕です

楽しい事が楽しいまま終わればそれが1番良いと思います。

楽しいまま永遠に続けばなお良し

 

皆さまにとって音楽とはどういう存在なのでしょう

 

僕にとって音楽は音楽でしかありません。

音楽が全てという訳ではありません。

まぁ強いて言うならエナジードリンクみたいなもんです。

これはまぁやる気を奮い立たせるスイッチ的な使い方をする時の事ですが。

 

あとは

妄想促進剤的な使い方です。

頭の中で色々自分ワールドをひたすら開拓していくような感じです。

 

さて、猛暑が続いておりますが

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

暑いので冷たい音楽を聴きましょう!

粉雪!!!

つってそんな訳ありません

夏には夏ソングを聴きます。

 

病気になった人に元気になれそうな曲を歌っても病気は治りません。

 

お腹空いたからといってご飯の歌を聴いてもお腹いっぱいになりません。

 

音楽とはなんと無力なのか…!

 

熱くも冷たくもなく

食べれる訳でもなく

形も色も無い。

 

聴くのみ。

聴覚のみで

どの部分を満足させられるのか…

 

無ければ死ぬ訳でも無い

どこまでいってもただの娯楽。

 

しかしこれは…

 

 

 

ライブ中の感覚

バンドマンのみなさま、ご機嫌いかがでしょうか。

日頃のレコーディング、ライブ等々

お疲れ様でございます。

 

ところで、

タイトル通りライブ中の事

について触れてみたいのです。

 

ライブ中って

色々考えながら

やってます?

それとももう何もかもぶっ飛びますか?

 

 

ズルい回答ですが僕は両方です。

 

 

 

と、いうのも

考えながらやりたいタイプで

わりと冷静にライブが始まります。

 

 

でもかなりの確率で

殆ど全ての事にコントロールが効かなくなってきます。

ブレーキが効かないのです。

完全にハイになってしまい思考回路が逝きます。

 

合法麻薬のようなものです。

色んな感じがごちゃ混ぜになってます。

テンションブチ上がってるくせに普段のイライラとかも全部吐いてしまえる所が好きです。

 

ぶっちゃけどうなっても良くて

多少めちゃくちゃな事や勝手な事もしちゃったりします。

 

 

死ねボケぇぇえ!!!!

クソ!!!!

喰らえオラ!!!!

みたいな感じです。

 

※死なんといて下さい別に皆さんにキレてる訳じゃないんです

 

 

ステージから1番後ろの壁を貫いた向こう側ぐらいを狙って音を飛ばしてるイメージです。

天井もぶち抜いてしまいたいぐらい。

もちろん曲にもよるんですけどね。

 

 

アンプからエネルギー波みたいなのを思いっきり飛ばしてるつもりです。

 

 

箱全体が自分達の音でいっぱいになる訳ですからめちゃくちゃ気持ち良くなっております。

 

表情もしぐさも

素じゃないと何を見せられているのかわからないですよね。

僕はそう思ってます。

 

素でそのまま出てきたものが笑顔なら

もう100点なんでしょう。